最速インターフェース研究会

はてな使ったら負けかなと思っている

Error: I'm afraid this is the first I've heard of a "ht" flavoured Blosxom. Try dropping the "/+ht" bit from the end of the URL.

2007/06/23

つまらなくて役に立つ物を作るということ

プログラミングできるひとは「ゲーム作れよ」と言われることが多いような気がする。

ぶっちゃけゲームとか作れないし、たぶんウェブプログラマの多くはそうだ。
PerlやRubyやJavaScriptとかで何万ポリゴン動かしたりできない。
XMLをパースしたり、正規表現で置換したり、そういうのなら得意だ。
ゲームの人らは秒間3億ポリゴンとかやってるのに、何でこんなちまちましたことやってるんだろうと思ったりもする。

なんでこんな事やってるのかというと、面白いからやってるのだけれど、
プログラム書かない人らから見ると何やってるのか全然面白さが分からない、
3Dポリゴンが動いたり(乳が揺れたり)する方が面白いに決まってると思ってる。

彼らは失礼極まりなくて、リーナストーバルズに対しても
「お前の作ってるものは良く分からないから、ゲーム作れよ」って言うだろうね。
そういう連中を皆殺しにしないことには俺の人生始まらない。

世の中いろいろと不便なことが多くて、プログラマはそれを改善しようとしている。
世の中こんなにバグだらけなのに、バグほったらかしでゲーム作ってる場合じゃねえだろ、と思う。
電車の中で暇なのは不便なのでゲーム作ってくれてありがとうと思ったりもする。
でも基本的にはゲーム作ってる場合じゃねえだろ、って思う。

ものすげー面白いことをやろうとしている人に対して(それが一部の人にしか面白さが分からないからといって)
「お前の作ってるのは何の役に立つのかわかんねえよ。もっと俺を楽しませろよ。ゲーム作れよ、ゲーム!」
って言うのは失礼極まりないことだ。

面白くなければ意味がないとかいう人がいるけど、それって結局「大衆ウケしないと意味ない」ってのとほぼ同義だろ。
彼らは通常分厚いハッカーの壁で保護されているので、そういう言葉は届かないから、まあ良しとしても、
無知で無学で無教養のお前らにとって面白さが分からないからといって、価値がないということではないんだよ。

俺はつまんなくて役に立つ物を作るよ。そうありたい。
なんてことをカレー食いながら話した。
もちろん本意ではない。

Posted at: 14:33 | Path: | Permanent link to this entry